川田亜子さんは、鬱(うつ)だった?

川田亜子さんは、鬱(うつ)だった?のページを説明



スポンサードリンク
新着記事一覧

川田亜子さんは、鬱(うつ)だった?

元TBSアナウンサーの川田亜子さんが2008年5月26日に自殺した。

死の直前まで綴っていたブログには「仕事の合間が一番苦痛です」などと精神的に不安定だったと思わせる記述がある。

5月14日のブログでは「元気になるまで、皆さんとこうしてお話をするのを休憩させていただきます」と突如「ブログの休止」を宣言。

しかし、同日に「やっぱり自分の気持ちが伝えられないのは寂しいですね」とブログを再開していた。

5月21日には「言葉が・・・出てこないので、今日は書くのをやめようと思います」と書いており、最後に川田さんが書いたとみられる5月22日のブログでは、「仕事の合間 一番苦痛であります。昔は本を読んだりお茶をしたり、ぽーとしたり。楽しかったのに…今はせつないです。豪華なホテルのロビーで優雅に幸せそうにしている方々を眺めてながら、移りゆく景色に胸がきゅーとしめつけられます」 と書いている。

ブログの記述やテレビでの最近の川田さんの様子から、精神科医は「鬱(うつ)と不安を伴う適応障害」と診断、「何らかのショックな出来事があった」と見る。

川田さんを苦しめたと思われる「最後のテレビ生出演」は、5月24日に生放送されたテレビ朝日系番組「サタデースクランブル」。

サタデースクランブルでは、青木ヶ原樹海での自殺を扱った特集もVTRで放映されていた。

http://www.j-cast.com/2008/05/27020641.html


Category 鬱(うつ)

鬱は心の病気、鬱治療には休むことも大事!の川田亜子さんは、鬱(うつ)だった?のリンクについて

鬱は心の病気、鬱治療には休むことも大事!の川田亜子さんは、鬱(うつ)だった?のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。