鬱病の接し方 ゆとりをもつ

鬱病の接し方 ゆとりをもつのページを説明



スポンサードリンク
新着記事一覧

鬱病の接し方 ゆとりをもつ

鬱病にかかっている人と接するには、時間も場所もゆとりを持ったところで、話を聞くのが一番です。

鬱病にかかっている人の多くは、自責感、焦り、鬱気分などを感じています。

鬱気分のため口数も少なくなり、集中力も低下しています。

あわただしい雰囲気や慣れていない場所では、自分の気持ちを話すことが難しいのです。

時間的にも、空間的にもゆとりのあるところで、話を聞きましょう。

また、鬱病にかかっている人との距離にも配慮し、近すぎず、遠すぎず、安心して話ができるようにしましょう。

真正面ではなく、視線が少し斜めになる方が話しやすい場合もあります。

焦って早口になったり、声が大きくなったりしないように気をつけて、間合いをゆっくりととりながら話すようにしましょう。

鬱病にかかっている人は言葉数が少なくなることがありますから、沈黙がちになっても気にしすぎないように。


Category 鬱(うつ)

鬱は心の病気、鬱治療には休むことも大事!の鬱病の接し方 ゆとりをもつのリンクについて

鬱は心の病気、鬱治療には休むことも大事!の鬱病の接し方 ゆとりをもつのリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。