鬱の治療に使われる薬

鬱の治療に使われる薬のページを説明



スポンサードリンク
新着記事一覧

鬱の治療に使われる薬

鬱の治療に使われる薬は、どのような効果を持つ薬なのでしょうか?

鬱の治療に使われる薬は、鬱の人にありがちな気分の起伏の激しさを抑えてくれたり、落ち込みそうな時に、あまり落ち込まないようにしてくれるような効果を持つものです。

鬱の治療で使われる薬には、何種類かの薬がありますがその中の全てが、誰にでも効くというわけではありません。

あるひとつの薬があるとすれば、その薬が効く人は大体6割くらいといわれています。

そのため、鬱の治療で薬を使う場合には、どのような薬がその人に効くのかを調べることに、時間がかかるとされています。

そして、薬が効き始めてくるのは、飲み始めてから2週間から1ケ月ほどだといわれているので、効かないからといってすぐに鬱の治療をやめてしまうのではなく、しばらく飲んでみて様子をみてみる必要があります。

鬱の治療は、薬を使ったものの他にも、論理療法(認知療法)という方法もあります。

これは、心理療法とも呼ばれ、考え方や受け取り方など自体を治していこうという方法です。

例えば、なにか事件が起こった時などに、自分は全く悪くないのにも関わらず、「すべて自分が悪いんだ」などと考えてとても落ち込んだり死にたくなったりする鬱の症状があります。

このような場合に、心理療法の鬱の治療では、「あなたはなにも悪くない」という考えを植え付けることにより、鬱の治療を行います。

その他の鬱の治療の方法には、電気ショック療法という治療の方法もあります。

この電気ショック療法を1日1回ずつ、毎日一週間受けることにより、別人のように鬱の症状がなくなってとても元気になるとされています。

しかし、この鬱の治療方法は、生涯で50回以上受けてはいけないとされているなど、リスクがあるのもたしかです。


Category 鬱治療

鬱は心の病気、鬱治療には休むことも大事!の鬱の治療に使われる薬のリンクについて

鬱は心の病気、鬱治療には休むことも大事!の鬱の治療に使われる薬のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。