鬱病の鬱状態

鬱病の鬱状態のページを説明



スポンサードリンク
新着記事一覧

鬱病の鬱状態

何もとくに理由といったものは思い当たらないのに、鬱状態に入ってしまうこともあります。

このような場合は、鬱病の鬱状態が考えられます。

正常な鬱状態とは違い、鬱病の鬱状態を放っておくと、どんどん重症の鬱状態になってしまい手がつけられない状態までになってしまうこともあります。

もし、正常ではなく、鬱病の鬱状態かもしれないと思い当たった時などには、早めに鬱状態を自分でチェックをして、そのうえで病院などに相談にいくとよいでしょう。

その他にも、鬱状態にはいろいろな鬱状態があり、鬱状態と躁状態をくり返すものもあります。

このような鬱状態と躁状態をくり返すタイプの場合は、普通の鬱状態だけの治療とはまた違った治療方法がとられることになります。

気分が明るい躁状態の時には、気が大きくなり、例えば買い物をしすぎて借金を作ってしまったり、いろいろなトラブルのもとを作ったりしてしまいます。

しかし一旦鬱状態に入ると、今度は落ち込みが酷く、自己嫌悪に陥ったりします。

このような鬱状態と躁状態をくり返すタイプの鬱状態は注意が必要です。


Category 鬱(うつ)

鬱は心の病気、鬱治療には休むことも大事!の鬱病の鬱状態のリンクについて

鬱は心の病気、鬱治療には休むことも大事!の鬱病の鬱状態のリンクについて
リンクを自由に設置して頂いて結構です。
宜しければ以下のタグをご使用下さい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。